自宅で脱毛する際のポイントをご紹介!

脱毛後に毛穴がぷつぷつする理由

脱毛後に毛穴がぷつぷつする理由 脱毛をすると毛穴がぷつぷつになることがあります。自己処理をすると、毛穴が目立ってしまいます。
ムダ毛を処理したら、肌を見せて外を歩けるなんて思っていても、逆効果になってしまいます。直射日光には絶対当ててないけない肌になることさえあります。
脱毛して毛穴がぷつぷつになるのは、毛穴が炎症を起こしているからです。毛を抜いたということは、毛の部分の皮膚が切れているのです。
特にシェーバーやシートを使ってムダ毛を自己処理するとこの現象はあらわれます。ムダ毛を処理した部分の皮膚全体が炎症を起こしてしまっているからです。
毛穴がプツプツしている状態は、けがをしているのと同じことで毛穴が病気ということなのです。皮膚が敏感になり、毛穴が赤くなることや、黒ずんできたりもします。
脱毛は、自分の体から生えている毛を無理に取り除くことなので、自分の肌の性質をよく知った上で処理をしないと毛穴に大きなダメージを加えてしまうものなのです。

脱毛後の毛穴のぷつぷつを無くす方法はある?

脱毛後の毛穴のぷつぷつを無くす方法はある? 自分でムダ毛の処理をする方法には、カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、脱毛クリームなど色々あります。
自己処理による方法はどれも肌への負担が大きいため、肌トラブルが起こることも多いです。特に、抜いた後の毛穴がぷつぷつになってしまうことがよくあります。
このぷつぷつを無くすには、処理の前後の肌ケアが大切です。実際に多くの脱毛サロンでは、処理前や処理後に丁寧なケアを行っています。簡単にまねてみましょう。
処理前のケアとしては、カミソリやシェーバーで剃る場合は専用のクリームを塗りましょう。テープやクリームは、肌に合っているか確認することも大切です。
処理後の肌はバリアが弱くなっているため、敏感肌用のローションや保湿剤で優しく保護しましょう。
ただし、塗った時にピリピリするような刺激を感じるなら、肌がダメージを受けている状態なので、かえって肌トラブルを招いてしまうこともあります。
そんな時は1日様子を見て、肌が落ち着いてから保湿ケアをすると良いでしょう。