自宅で脱毛する際のポイントをご紹介!

脱毛の後にムダ毛が埋没してしまう理由

脱毛の後にムダ毛が埋没してしまう理由 ムダ毛を剃ったり、抜いたりすると、強い力を加えることで毛穴が傷ついてしまいます。
それが治りかけると、皮膚が癒着して毛穴がふさがり、出口が失われてしまうので、伸びてきた毛が皮膚の表面に出られなくなってしまいます。
埋没毛が出来る原因は、カミソリや毛抜き、電気脱毛器などを使った、間違った自己処理によるものなので、綺麗な肌を保ちたいなら、エステサロンや美容クリニックで脱毛するようにしてください。
カミソリで深剃りしたり、逆剃りする人は多いですが、毛穴が傷ついたり、毛先が尖ってしまうので、埋没毛が出来やすくなります。
毛抜きを使うと、うまく抜けずに途中で切れることがありますし、毛穴も傷つきやすいのでやめるようにしましょう。
抜くタイプの電気脱毛器の場合も、毛の生えている方向に関係なく引き抜くので、途中で切れて、ムダ毛が埋没しやすくなります。
エステサロンや美容クリニックで脱毛すればそんな心配はないので、安心して施術を受けることが出来ます。

埋没したムダ毛の脱毛はやめといた方が良い?

埋没したムダ毛の脱毛はやめといた方が良い? ムダ毛処理した後に腕や足に黒いポツポツできていませんか。
埋没したムダ毛です。
カミソリや毛抜き・脱毛テープなどを使って自己処理でムダ毛を何とかしようとした結果、皮膚の中に埋没したまま毛が成長してしまうのです。
放っておくと炎症の危険性があります。
だからといって毛抜きなどで無理に引き抜こうとするとそれによって炎症が起こったり色素沈着の原因となったり。
そんなときにおすすめなのが医療レーザーによる脱毛なのです。
医療レーザーなら皮膚を傷つけることなく毛根を破壊することができるのです。
ついでに毛穴の炎症・色素沈着といった肌トラブルも解消してもらえるはずです。
ただし、医療レーザーは費用がかかるのが難点です。
自分で処理したいと言うならボディスクラブを使うと手軽です。
細かな粒子で毛を塞いでいる角質を除去するのです。
とはいえ、刺激が強いので強くこすりすぎないようにする・使用頻度を守る、などルールを守って使用するようにしてください。